レトロゲーム始めました。

レトロゲーム(据え置き機:FC,SFC,PS,SS,PS2,DC,GC,携帯機:GB,GBC,GBA...etc)をゆっくりのんびり攻略していきます。

逆転裁判(GBA) その3ぁぁぁんっ!

事件は逆転する!

さてさて、逆転裁判、第三話「逆転のトノサマン」です。

ここからはネタバレでまくりなので、内容を知りたくない方は見ないでくださいませ。

では、前回、プレイした内容のおさらいといきましょう。

まず、犯人として逮捕されてしまった今回の依頼人がこの方です。

f:id:Lavy2018:20180410220430j:plain

見た目はものすごく逞しいのですが、実際には気弱なニボシさん。

ちびっ子に大人気のドラマ「トノサマン」の主役、トノサマン役をしています。

彼が撮影前に楽屋で昼寝している間、どうやら敵役のアクダイカーンの役者さんであるイブクロさんが殺されてしまいました。

 f:id:Lavy2018:20180411214850j:plain

この人ですね。

第1スタジオでアクダイカーンの着ぐるみの中から、胸をトノサマンスピアで刺された状態で遺体が発見されました。

凶器のトノサマンスピアは遺体のすぐそばで発見されています。

当日の撮影所には、犯行時刻の間、ニボシさんとイブクロさんの二人だけでした。

犯人にされてしまったニボシさんは、犯行時刻の前、スタッフルームの楽屋で昼寝をしていたというのが本人の証言です。

イブクロさんは、第1スタジオにいたようですが、この二人の位置関係は以下の通りです。

f:id:Lavy2018:20180410190411j:plain

この撮影所には、夕方の撮影まで誰も入っていないことは、正面の詰所の警備員であるオバチャンが証言しています。

f:id:Lavy2018:20180410221241j:plain

そしてゲートには監視カメラが設置されており、通行する人間をセンサーが捉えて、その都度、写真に収めているのです。

そして、今回、犯人されてしまったニボシさんの姿もバッチリ押さえられているのですが……。

f:id:Lavy2018:20180409194808j:plain

刑事のイトノコ氏は、今回、この写真では証拠として弱いと判断していたようです。

その写真というのが、まあ・・・実際にはこのようなものでした……。

f:id:Lavy2018:20180411215903j:plain

トノサマンの着ぐるみを着た何者かの姿が写しだされています。

これを見た警備員のオバチャンは、すぐさま、犯人をニボシさんと断定して警察に訴えたのですけど……。

実際には写っていたのは、あくまでトノサマンであってニボシさんではないわけですね。

確かに午前中のリハーサルで足をうっかりケガしてしまったニボシさんと同じように足をひきずっている様子があるのだけど……。

この人、本当にニボシさんなの?|д・)

結論からいえば、もちろん、ニボシさんではないのです(苦笑)

これは、昼寝をしていたニボシさんの楽屋に忍び込んだイブクロさんが着ていたものです。

 f:id:Lavy2018:20180411220345j:plain

 どうやら、ニボシさんはお昼にスタッフと食べた骨付きステーキの中に、“何者か”によって睡眠薬を盛られたようなのです。

その睡眠薬の小瓶が発見され、それにはイブクロさんの指紋がついていました。

また、ニボシさんが食べたお皿からも薬が検知されています。

この時点で、なぜ、イブクロさんがニボシさんに睡眠薬を盛って、その間にトノサマンの衣装を盗んだのかは謎なのだけど、どうやらそれは間違いなさそうです。

そして、もう一つ、衝撃的な事実が浮かび上がってきました。

実は事件当日、熱狂的なトノサマンファンの少年が、オバチャンに発見されずに撮影所に侵入できる抜け道を発見し、偶然、忍び込んでいたという事実が浮上してきました。

f:id:Lavy2018:20180410221027j:plain

この少年、キュータくんです。

彼はトノサマンが大好きで、あらゆるトノサマンのイベントに参加しては、トノサマンの姿をそのカメラに収めていました。

その彼が、いろいろ揺さぶったことで、ついに一つの証拠を提示してくれました。

f:id:Lavy2018:20180411221722j:plain

彼が偶然撮影した事件発生直前の写真です。

トノサマンが写っているのだけど、その奥を見てもらうと分かる通り、「2」という数字を見つけることができます。

そう、「2」なのです!

なぜか、トノサマンの着ぐるみを着たイブクロさんは、事件の直前、第1スタジオにいたと思われていましたが、実は第1スタジオにいたわけではなく、第2スタジオにいたのです!

つまり、犯行現場は第1スタジオではなく、第2スタジオだったのです!

f:id:Lavy2018:20180410190411j:plain

 

 

 

 

急展開! 事件はさらに複雑に絡んで……

 さて、ここでさらにいろいろなことが分かってきました!

な、ななななーんと!

実は当日撮影所にいたのは、被害者のイブクロ氏と犯人にされてしまったニボシさんだけではありませんでした。

この日、彼ら以外にも撮影所の役職者数人とトノサマンの監督ウザイ氏、

そしてプロデューサーの姫神サクラさんがいました。

f:id:Lavy2018:20180411222912j:plain

この人ですね。

潰れかかっていた撮影所を建て直し、数々のヒット番組を送り出してきた敏腕プロデューサーで、彼女には撮影所の役職者でも頭が上がらないそうです。

その上、監督であるウザイ氏の企画だったトノサマンにゴーサインを出したことで、それまでなかなか世に名が知れ渡ることのなかったウザイ氏を一躍有名人にまでさせた人なのです。

なので、ウザイ氏もまた彼女に頭が上がらず、彼女の言いなりになっていたとか。。。

彼女たちは実はすでに午前中には撮影所にいて、午後から夕方頃まで第2スタジオで会議をしていたようなのです。

撮影の為に集まってきて死体を発見したスタッフたちに、自分たちが撮影所にいたことは内密にするようにと口止めしていました。

アドベンチャーパートでいろいろ事件の調査をしているうちに、これらの事実が明るみに出てきました。

また、前述の通り、事件現場が第1スタジオではなく、第2スタジオだったことで、これまでのニボシさん犯人説は大きく揺らぐことになります。

 

 

 

結局、何がどうなのですか!?

ということで、今回はいろいろ分かってきた反面、いろいろ疑問も増えてきました。

まず、なぜ、イブクロさんはニボシさんのトノサマン衣装を盗み、ニボシさんのフリをして第2スタジオに向かったのか。

第2スタジオにいたメンバーの誰かが犯人だとして、どうやってイブクロさんを殺し、第1スタジオまで運んだのか。

そして、いったい誰が真犯人なのか!?

 

f:id:Lavy2018:20180410221241j:plain

f:id:Lavy2018:20180410221007j:plain

f:id:Lavy2018:20180410221027j:plain

f:id:Lavy2018:20180410220430j:plain

f:id:Lavy2018:20180411224851j:plain

 

うーん、謎を解くどころ、さらに謎が増えてしまいました。

でも、がんばって事件を調査していくのです。

 

じゃ、今回はここまで。

 

ブログランキングに登録しているので、よければポチお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


レトロゲームランキング

にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ
にほんブログ村